<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

第3回 日本住環境医学研究会 演題募集のお知らせ

1. 要綱
日 時  平成19年2月25日(日) 午前10時30分~午後4時30分
場 所  名古屋市中区三の丸1-7-2 桜華会館(桜花の間)TEL 052-201-8076
     (中日新聞本社の東100m、家庭裁判所と護国神社の間)
交 通  ・名古屋駅から地下鉄桜通線 丸の内駅下車→4番出口→東へ進む
      →桜通本町交差点(東京海上ビル)を左折し徒歩10分
      ・タクシーで名古屋駅(桜通り口)から約10分
主 催  日本住環境医学研究会    定 員  100人         
参加費  当日4,000円(会員)・6,000円(非会員)事前申し込みで割引あり

2. プログラム
10時30分    開  会
10時40分  記念講演「プロも知らない本当のシロアリ対処法 ~薬剤との付き合い方」
         講師 神谷 忠弘氏(岡崎シロアリ技研)
12時00分    昼  食
13時00分  記念講演「化学物質過敏症と精神疾患」
         講師 羽白 誠氏(大阪警察病院皮膚科部長)
14時30分    休  憩
14時40分  一般演題(会員発表)
16時30分    閉  会

3. 演 題 募 集
1)会員発表として一般演題(会員口演)の演題を募集します。
 演題発表ご希望で未入会の方は下記5の要領で入会をお申し込みください。

2)テーマ:「住環境と健康」に関わる医学、建築、測定の立場、その他関連する
 話題からの学術演題を募集します。

3)応募方法:
 演題抄録の字数制限は、タイトル、発表者名を除いて1,000字以内です。
 演題抄録をテキストファイルで作成してEメールに添付し、下記事務局あてに送付してください。

4)演題募集期間:
 平成18年12月15日(金)~ 平成19年1月31日(水)正午

4. 申し込み・問い合わせ先(FAXかEメールでお願い致します)
 〒390-1701
 長野県松本市梓川倭2653-4 医療法人(社団)みのしまクリニック内
 日本住環境医学研究会事務局
 FAX 0263-78-7879
 Eメール minocl@anc-tv.ne.jp

5. 入会申し込み
 個人会員は年会費6,000円、企業会員は年会費(一口)12,000円です。   
 上記金額を下記の口座に振り込んでいただき、
   りそな銀行松本支店 
   店番号654 口座番号1102296(普通)
   住環境医学研究会 事務局蓑島宗夫
   ジユウカンキヨウイガクケンキユウカイ ジムキヨクチヨウ

http://www.anc-tv.ne.jp/~minocl/juwkankyou/moushikomisyo.pdf から申込書を印刷・記入し
3.の事務局までFAXまたは郵送してください。
[PR]

  by juwkankyo_igaku | 2006-12-14 11:26 | 学術集会

第3回学術集会 プレスリリース

住環境問題の“最新・最大の誤解”を検証
「過敏症とシックハウスの違い」「シロアリ対策の真髄」を学ぶ学術集会
           日本住環境医学研究会が来年2月に名古屋で開催



 医学・建築・建材・化学の各分野からの専門家で構成する「日本住環境医学研究会」(白瀬哲夫会長、事務局=長野・みのしまクリニック、以下「研究会」)は、2007年2月25日(日)午前10時30分より、名古屋市中区の桜華会館(桜花の間)にて「第3回日本住環境医学研究会学術集会」を開催する。

 研究会は、日本で初めてシックハウス症候群の定義と診断基準(笹川 2001)を発表した笹川征雄前会長(現・顧問)をリーダーとし、2005年に第1回目の学術集会を開催。その後、年間1回のペースで研究報告を兼ねた会のメイン活動として開催を重ね、今回で3回目となる。
第1回は、澤地孝男氏(国交省国土技術政策総合研究所)による「換気システムと居住者の健康問題」、笹川征雄氏による「住環境と病原性カビ」、第2回は名取雄司氏(中皮腫・じん肺・アスベストセンター所長)による「アスベスト健康被害-その実態と最新情報」、岸本充生氏(独立行政法人・産業技術総合研究所)による「居住者のための化学物質リスク評価」と、時宜に適った基調講演・記念講演を織り込んできた。同時に同会による全国真菌調査結果報告、会員発表も含め、21世紀の住環境のあり方について示唆に富む企画として好評だった。

 今回の開催地・名古屋では、住環境にまつわる“最新・最大の誤解”を解くという趣旨で基調講演を2つ企画。まずは、医学系の分野から、大阪警察病院皮膚科部長・羽白誠氏を招き、「化学物質過敏症と精神疾患」と題する講演を行う。このテーマ選定には大きな理由がある。それは、2004年4月に起きた名古屋での化学物質過敏症が原因とされる自殺幇助事件。「妻飛び降り-頼まれ断り切れず-」の報道によって、深刻な事態が世間に知れ渡ったことは記憶に新しい。ともすれば、これが「シックハウス症候群が原因」と誤解される可能性も否定できないため、当研究会では「自殺の原因はシックハウス症候群ではなく化学物質過敏症」と解釈。その上で、この事例をきっかけとして、「シックハウス症候群」と「化学物質過敏症」との違いを検証し誤解を解くという趣旨だ。

 もう一つは、ブラックボックスの世界に包まれている「シロアリ対策」問題。この道の第一人者である岡崎シロアリ技研・神谷忠弘氏を招き、「プロも知らない本当のシロアリ対処法~薬剤との付き合い方」と題する講演を行う。当研究会は「今後の住環境の課題を考えた場合、シロアリに関する薬剤の問題は、誤解も多く存在し、建築・化学・医学の全領域にまたがる重要分野である」としており、シロアリ対策の真髄について学ぶ。基調講演に引き続き、今回も午後は会員による演題発表を開催。医学・建築・化学・建材各分野から最新の研究活動が報告される。
なお、定員は100名。参加費は事前申し込みで一般5,000円・会員3,000円(ただし当日入場の場合は一般6000円、会員4000円)。

※開催概要は下記の通り。
[PR]

  by juwkankyo_igaku | 2006-12-08 14:44 | 学術集会

第3回 日本住環境医学研究会 学術集会のご案内

日 時  平成19年2月25日(日)
時 間  午前10時30分~午後4時30分
場 所  名古屋市中区三の丸1-7-2 桜華会館(桜花の間)TEL 052-201-8076
     (中日新聞本社の東100m、家庭裁判所と護国神社の間)
交 通  ・名古屋駅から地下鉄桜通線 丸の内駅下車→4番出口→東へ進む→
      桜通本町交差点(東京海上ビル)を左折し徒歩10分
      ・タクシーで名古屋駅(桜通り口)から約10分
      http://www.nagoya-town.com/map/ng059671
定 員  100人
参加費  当日 4,000円(会員) 6,000円(非会員)  事前申込みで割引(↓に詳細)

主 催  日本住環境医学研究会

プログラム(予定)
10時30分    開  会

10時40分  記念講演「プロも知らない本当のシロアリ対処法
                          ~薬剤との付き合い方」
         講師 神谷 忠弘氏(岡崎シロアリ技研)

12時00分    昼  食

13時00分  記念講演「化学物質過敏症と精神疾患」
         講師 羽白 誠氏(大阪警察病院皮膚科部長)

14時30分    休  憩
14時40分  一般演題(会員発表)
16時30分    閉  会

演題募集 平成18年12月15日~平成19年1月31日の期間に、本研究会ホームページから受け付けます。

参加申込 平成18年12月15日から受け付けを開始します。

 事前にお申し込み(振込で入金)いただく場合、以下のように割引をします。
 3,000円(会員) 5,000円(非会員) (振込み料金は各自ご負担ください)
 事前申し込みの締め切り2月4日

●事前申し込み用紙は <リンク先> からダウンロードできます。


●ダウンロードできない場合は・・・
FAX番号・ご氏名・ご所属と「学術集会申し込み用紙希望」と書いて
FAXに0263-78-7879までお送りください。

FAXで申込書を送付・振込みを確認したらFAXで返信します。
お振込み後に参加できなくなった場合、返金は行いませんので、代わりの方がご出席ください。

昼食弁当1,000円(事前にお申し込み・振込みをいただいた方のみ):
会場内の食堂は混雑が予想され、近くに食事ができる場所が少ないので、事前のお申し込みいただいた方にお弁当を1,000円で用意します(参加費とともに振込みください)。なお各自でご用意いただいたものを会場に持込むことも可能です。
[PR]

  by juwkankyo_igaku | 2006-12-03 16:52 | 学術集会

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE